防災管理の為に|土壌汚染調査を行なう理由を知る|環境を整える為に必要

土壌汚染調査を行なう理由を知る|環境を整える為に必要

男性

防災管理の為に

メンズ

防火対象物点検は、現代では必ず行なわれている点検になります。これは、平成15年からスタートし、防火に関する知識を持っている防火対象物点検資格者がその建物の責任者と面談を行なったり、様々なチェックを行なったりします。これらを行なうことで、防火基準に達しているのかを防火対象物点検資格者は確認できます。しかし、どうしてこの点検をこのように行わないといけなくなったのかと知らない人もいるでしょう。そういった人に向けて、詳しく説明していきます。

平成13年に起こった雑居ビルでの火災が大きく関わっており、この火災の時に44名もの死者がでました。これほどの死者を出した火災事故なので覚えているという人もいるでしょう。この火災が起こった原因は、ビルの中にある避難経路に障害物を置いていたことで起こったと言われています。これは、防火管理者が選任されておらず、消防用設備がしっかりと点検されていなかったなどという消防法令違反が起こったことが大きく関わっています。その為、こういった大きな事故を防ぐ為に、防火対象物点検制度が定められました。この制度は、防火管理に対する自主性を高めるということを目的としており、建物の責任者は必ず防火対象物点検資格者と共に防火管理に関する点検と報告を行なうことが義務付けられています。防火対象物点検資格者は、こういった人が集まっている業者がありますのでそこに依頼して点検や報告を行なえるようにしたほうがいいでしょう。